家づくりの流れ

お問い合わせ

当事務所へ住宅の新築や増改築などの設計やリフォームのプランニングなどの依頼をご検討の方は、メールやお電話にてご連絡ください。

面談(ヒアリング)の日時、場所を調整させていただきます。

建築相談  無料

事務所にお越しいただくか、ご自宅や会社等のご指定の場所にお伺いして詳しいご相談内容をお聞きします。面談(ヒアリング)の時に敷地の状況、既存建築物の有無や状態、その他ご相談内容に関係する資料などがございましたらご用意いただければ、より詳細で具体的なお話をすることができます。

新築だけでなく、内装の雰囲気を変えたい、バリアフリー対応にしたい、間取りを一部変更したいといった増改築リフォームなど色々とご相談ください。詳細が決まっていない場合でも建築士がお役にたてそうなことがございましたらお気軽にご相談ください。土地探しのアドバイスも含めてお手伝いさせていただきます。

ぜひ事務所へお越しください

メールもしくは電話でのご相談も受けておりますが、相談内容や状況を把握するための材料が不足しがちで的確な回答が困難です。また、写真や資料を見ていただくとより理解いただけることもあるため、個別具体的なご質問の場合はできるだけ直接お会いしてのご相談をお願い致します。

ラフプランの作成(基本プランのご提案)

ご相談内容が新築・増改築・リフォームの場合で、ラフプラン(提案書)の作成のご依頼を頂きましたら、引き続いてラフプランを作成させていただきます。

面談(ヒアリング)時にお聞きした敷地条件、家族構成、住宅に対する考え方等の様々な要望や情報を基に、平面図等の各種図面やパース、予算・スケジュールを含む計画書を作成します。作成期間は、面談(ヒアリング)から2~3週間のお時間を頂きます。

ラフプラン(提案書)が完成しましたら内容をご説明させていただきます。この時にラフプランの内容について気になられたことがございましたら、その場でお気軽にご質問ください。それらの改善方法を提案させていだきます。ラフプラン(提案書)をお持ち帰りになりゆっくりご検討ください。

著作権について

不採用の場合でもラフプラン(提案書)の著作権は放棄しておりません。他の用途への利用はご遠慮ください。断りの連絡とラフプランの図面・書類等の返却をお願いします。

設計監理契約

何度かラフプランをやり取りさせていただいた後、私(建築士)との相性の確認やラフプラン(提案書)にご納得いただき当事務所へ設計依頼のご意志が決まりましたら設計監理契約の締結をお願いします。(設計監理料

敷地・法規調査

必要に応じて、敷地の位置や形状(敷地測量)、関連法規の調査等を詳細に行います。

地盤調査が行われていない(地盤調査データのない)敷地の場合は、地盤調査を行います。

専門の測量会社、地盤調査会社による測量・地盤調査費用は設計監理料に含んでいません。別途お支払いをお願いします。

基本設計

基本設計では、敷地利用、平面プラン(間取り)、室内空間の大きさ、外観デザイン(立面)、仕様など住宅のもっとも基本的な事を確定します。

ラフプランをベースに話し合いを進めますが、別の新たなプランを作成し直しても構いません。ラフプランの相談時には出てこなかったさらなる要望や条件の変更でプランは大きく変わることもあります。重要視する視線を変えればそれにふさわしいプランも変わります。条件を整理しながら様々なことに優先順位を付けて、住む人に最もふさわしい家に近づけていきます。最初のラフプランとは全く異なる基本設計が完成することもあります。

建築士の役割

住宅の場合、建て主に考えてもらいたいのは「どのような生活がしたいのか?住まい方」と言うことです。それに最適な間取り・空間を提案(設計)するのが建築士(設計事務所)の役割です。「無理だな、不可能だな」とあきらめずにどんなことでもイメージしたことを伝えてください。それに対するよい提案ができるかもしれません。


平面図・立面図・断面図・模型・パース等を作成し、予算を含めて打合せを繰り返します。ある程度プランがまとまった段階で役所と法規関連の事前打合せが必要な場合があります。

週1回程度の打合せを行い、1~3ヶ月程度必要です。最初のラフプランを特に気に入っていただけた場合は僅かな修正で済む場合もありますが、3ヶ月~半年ほど掛かることもあり必要な期間は様々です。

ご提案

この段階で家づくりに用いる材料をぜひ探しに行きましょう!!

大黒柱を求めて岡山へ!

基本設計の内容の承認をいただいて実施設計に移ります。

実施設計

基本設計でまとめた内容をより具体的に詳細に確定していく作業となります。

建物の仕様、構造、電気・給排水などの設備に関する様々な長さや大きさ、数量、使用材料、品質やグレードなど多岐にわたって事細かく明示し、第三者(特に施工者)に正確に伝えるための図面が実施図面です。施工会社が工事見積もりの際に正確な金額を算出するために必要な図面となります。実施設計でこの実施図面を作成していきます。

浴室、キッチン、照明機器、冷暖房設備、給排水衛生設備等や家具についても、できるだけ詳細に打合せを行います。コンセントやスイッチの数や位置なども大切な項目です。また、ショールームに行って実物を確認したり仕様を打ち合わせします。

これら打合せで決定した内容や構造計算、省エネ計算等の結果を、事細かに図面仕様書に反映させていきます。

住宅設計の場合で作成する図面は、建築・構造・電気設備・空調設備・給排水衛生設備など一式約40~50枚(もしくはそれ以上)になります。

ある程度図面がまとまった段階、だいたい1~2週間に一回程度のお打ち合わせをお願いします。実施設計の期間は1~2ヶ月程度必要です。

実施設計で作成した図書(図面・仕様書)の承認を得て、ひとまず実施設計が完了です。

見積り・工事金額調整

作成した実施図面を基に施工業者数社に見積を依頼します。見積りの期間はおよそ3週間~1ヶ月です。

この間に設計事務所と施工業者間の質疑応答により解釈の違いを無くし、正確な見積りができるようにします。工事内容が把握しにくい部分があれば追加の図面などを作成する場合もあります。

見積書が提出されると内容を比較検討し、1社に決めます。この時、最も安い業者が優良ということではありません。見積り内容に不備はないか?設計図書通りの建物が問題なく施工できるか?等を確認する必要があります。

現場監督と会いましょう

工務店の選定の際、工務店の社風や社長の人柄も重要ですが、私が最重要視しているのは現場担当者(監督)の熱意です。多くの職人の指揮をとるのが現場監督です。知識豊富で丁寧な監督の目によるチェックがあれば格段に建物の耐用年数も延びるでしょうし、隅々まで安心できる住まいに仕上がります。また、図面や建築主の熱意を読み取りより良い住まいに仕上げてくれる人で無ければなりません。

そこで、施工会社には契約前に現場監督を選任してもらい、建築主と共に面談させてもらっています。

予算がオーバーしている場合は、建築主の代理人として設計者が交渉や必要に応じ設計変更を行い予算調整をします。

建築主と施工業者の双方が合意に至れば、建築工事請負契約を結びます。

確認申請等

各関係官公庁に確認申請等必要な申請書や届出書の提出を行います。

実施設計を進める間にも心変わりや見積もり時に設計変更の可能性もあるでしょうから、基本的には施工会社が決定し金額調整の方針が確定したころに提出させていただいています。

急ぐ場合は基本設計完了後実施設計の完了を待たず確認申請を提出する事も出来ますが、申請内容にかかわる部分はその後の変更が一切出来ません。確認申請提出後の設計内容の変更は、再度確認申請の出しなおしとなる場合があります。その場合は申請手数料等追加費用が発生します。

確認申請を受け確認済証を交付されてから着工します。

工事監理

いよいよ着工です。工事が設計図書の通り問題なく行われているか確認します。また、実際に使用する材料や機器を検討承認します。工事の作業内容について建築主への報告と施工業者への指示を出します。

工事が進むにつれて、様々な仕上げ材料のサンプルがたくさん提出されます。実施設計ではグレードまでしか記入されていない部分の色とか仕上げ材、機器等をこの段階でサンプルを見ながら打合せにより確認・決定します。

基本設計又は実施設計期間中にもキッチンや浴室、衛生設備機器等のショールームに行っていただくのですが、時間がたっている場合はマイナーチェンジなどもありますし、再確認の意味でも再度ショールームに出向いていただくことがあります。また小さなサンプルでは完成品が分かりにくいので、便器などもぜひ実物を見て色を決めていただきたいと思います。

住宅の形がだんだん出来てくるとイメージだった空間が実感として分かりやすくなります。そうなると建築主から新たな要望が湧きあがることがあります。工事中できるだけ早めに新たな要望を伝えていただければ、対応できる範囲が増えます。変更内容の法規チェック、工事金額の変更等の確認もありますので、工事中の変更のご要望は現場の大工さんではなく、真っ先に設計者にお伝えください。

各種検査

竣工までには様々な検査が行われます。

中間検査

ある一定の規模以上の建物では、完成時に隠れてしまう部分などを工事途中で官公庁等が検査します。一般的に木造住宅では、上棟後柱頭柱脚金物や筋違い等の接合金物が取り付けられた段階で検査を受けます。

完了検査

確認申請の通り施工され間違いなく工事が完了しているか官公庁等が検査します。確認申請の通り施工されていれば、検査済証が交付されます。

竣工検査

お住まいの完成時には、施工業者による社内検査、設計事務所の検査を行います。その後、設計事務所・施工業者と共に建築主に敷地・建物全体を確認してもらいます。

引渡し

施工業者から建築主へ建物が引き渡されます。各種機器の取り扱い説明と注意事項の説明があります。鍵、保証書、説明書等を受け取ってください。

メンテナンス

家族の状況の変化や新たに趣味ができたなど、住まいへ求める機能にも変化が生じると思います。状況に応じてリフォームをすると劇的に快適なお住まいになるかもしれません。また、建物は年月と共に劣化していきます。建物の寿命をできるだけ長く保つために適切なメンテナンスが必要です。建物完成後も引き続き、メンテナンスや増改築、リフォームのご要望などどのようなことでも気軽にご相談ください。