設計事務所との家づくり

住宅を建てようとお考えになったとき、ハウスメーカーの展示場にいかれる方が多いでしょうか?地元で馴染の工務店(施工業者)に相談する方もいらっしゃるでしょう。住宅の設計はハウスメーカー・工務店・設計事務所が行っていますが、この中で設計事務所だけが建築工事を行わず、純粋に設計業務だけで利益を得ています

施工業者(ハウスメーカー、工務店等)による家づくりと比較し、メリットとデメリットを挙げてみます。

設計事務所との家づくりの特徴

設計事務所は施工に携わりません。施工中の利益から完全に独立した設計をすることができるのが設計事務所の設計です。

メリット

デメリット

誤解です

設計事務所との家づくりはこんな方に向いています

オリジナリティーを求める方、自然素材など材料まで気配りをした家を造りたい方に向いています。また、余分な経費の出費を抑え用途を明確にしたお金の使い方をしたい方にも向いています。

家は買うものではなく、造るものです派。

施工業者による家づくりの特徴

ハウスメーカーの住宅設計

メリット

デメリット

ハウスメーカーの家はこんな方に向いています

家に手造り感を求めず工業製品として捉え、手間暇かけずに購入したい方に向いています。

家は造るものではなく、買うものです派。

工務店による住宅設計

大手ハウスメーカーのように独自の「商品」がありモデルハウスを持っている工務店や、設計事務所のように一から要望を聞いて家づくりをする工務店、フランチャイズ制度に加入し規格に基づく家を提供する工務店、地元の山林から伐採された木材で「地産地消」を謳う工務店など、そのスタイルは様々です。

そのスタイルに応じて特徴は様々で、設計事務所のような特徴を有していたり、ハウスメーカーとしての特徴を兼ね備えていたりします。いずれにしても、設計施工を一貫して受注します。

メリット

デメリット